Abandoned Ruinsについて:入手アイテムリストなど【My Time At Portia攻略】

Abandoned Ruinsについて:入手アイテムリストなど【My Time At Portia攻略】

My Time At Portia』の最重要要素といっても過言ではない、Abandoned Ruinsについて攻略していきます。

入場料について基本的なRelicの探し方#1と#2のそれぞれで入手できるアイテム地下に埋まった遺跡などの情報を解説します。

執筆時のバージョンは、Version:Alpha 4.0.80900です。

入場料について

Abandoned Ruinsは、街の警備屋Civil Cropsの管轄にあり、入るためには入場料が必要になります。

入場料は下記の通りで、1度払うと7日間の間入場可能になります。

  • Abandoned Ruins #1 : 200G / Week
  • Abandoned Ruins #2 : 300G / Week

また、初回のみ、割引されて入場料が80Gになります。

基本操作とRelicの探し方

初入場時にチュートリアルが表示されるので、わざわざ説明するまでもないかもしれませんが、一応。

「Fキー」を押すと、画像のように黄色い光が表示されます。これがRelicの埋まっている場所で、大きな光ほど近くにあります。この光は、自分のいる位置を中心に、半径20mくらいの範囲しか表示されません。そのため、近くに光が見当たらなかったら、少し移動して再度探してみましょう。

光の中の1つに視点を合わせ、丸いゲージが満タンになるのを待ちましょう。

すると、そのRelicがロックオンされ、Fキー状態を解除しても場所がわかるようになります。なお、ロックオンできるRelicは同時に1つまでです。

Relicの埋まっている場所に向かって掘り進みましょう。

横から掘り進めていくと、この画像のように埋まっているRelicの様子を見ることも出来ます。これはOld Partsですね。

ちなみに、真下に向かって穴を掘ってしまっても大丈夫です。Abandoned Ruinsにいる間は、ジェットパックが貸し出され、ジャンプボタンで無制限に空をとぶことが出来ます。

といっても、夢中で地中を右に左に掘り進めていたりすると、なかなか抜け出せなくなることも。そんな時は、マップを開いて「Eキー」で、入り口に戻ることが出来ます。

銅や鉄などの採掘


Abandoned Ruinsは基本的に石で構成されていますが、ところどころ、画像のように地面の色が異なる場所があります。そういった部分は鉱脈になっていて、掘ると鉱石が出現します。

  • 茶色:銅鉱脈 / 出現アイテム:銅、錫 / 出現場所:#1
  • 赤色:鉄鉱脈 / 出現アイテム:鉄、鉛 / 出現場所:#2
  • 青色:マンガン鉱脈 / 出現アイテム:マンガン / 出現場所:#2

(※銅:Copper、錫:Tin、鉄:Iron、鉛:Lead、マンガン:Manganese)

錫、鉛はそれぞれ副産物になっていて、銅や鉄に比べると少量しか取れませんが、使用量もそれほど多くないため問題ありません。

掘り尽くしたらどうする?

Abandoned Ruinsはそこそこの広さがありますが、それでも眠っている資材には限りがあります。

掘り尽くしたり、効率が悪くなってきたと感じたら、入り口の横にある操作盤のようなものを調べましょう。20Gで、採掘場所をリセットすることが出来ます。

地下に眠る遺跡


Relicを探して掘り進めていくと、画像のようなものを掘り当てることがあります。これは地下遺跡への入口となっています。

なかなか見つかるものではありませんが、この遺跡の入口の黄色い光は、地面よりも下に表示されるため、意識して特に深い場所にあるRelicを掘るようにしていれば、見つけやすいと思います。

中にはモンスターがいたり、

宝箱があったりします。また、置いてあるソファーにはスタミナ+13の効果があるため、序盤に見つけられると役に立つと思います。

といっても、今のバージョンでは正直見つけてもそれほど旨味はないので、無理に狙うほどではありません。(もしかしたら筆者が見つけていないだけで、有用なものが眠っている場合もあるのかもしれませんが…)

入手できるアイテム

※データは筆者の記憶とwikiの情報を元にしていますが、wikiの情報には漏れがあり、筆者の記憶も少しあやふやです。後日改めて裏付けを取っていきますが、間違いがあるかもしれませんのでご了承ください

石、砂、土、銅、錫、鉄、鉛、マンガン、データディスクの9種類は採掘で手に入るアイテム、その他のアイテムはFキーで見つけた黄色い光を掘ると手に入るRelicです。

2018/02/05 一部加筆・修正しました。

共通


Stone(石)、Sand(砂)、Soil(土)は、鉱脈でない通常の地面を掘ることで手に入ります。


Data Disc(データディスク)は、通常の地面、鉱脈のどちらからも、低確率で出現します。体感ですが、ピッケルのグレードが高いほど効率よく手に入ります。組み立てレシピの研究に必要になる非常に重要なアイテムです。


Power Stone(パワーストーン)は、非常によく出るRelicです。かまど以外の機械の燃料に使うため、非常に重要です。


Old Parts(古い部品)も、同じくよく出るRelicです。クラフトなどでよく使うため、結構な数が必要になります。集めておきましょう。


Small Engine(小さなエンジン)は、クラフトの素材となるアイテムです。レアアイテムですが、時々要求されるので、見つけたら取っておきましょう。(wikiによると#1と#2どちらにも出現するようですが、#2では筆者は見つけた記憶がありません。#1には出現します)


Simple Circuits(シンプルな回路)は、同じくクラフトの素材となるアイテムで、要求頻度もそこそこ高めです。wikiには記載されていませんが、どちらにも出現します。


Racket(ラケット)は武器です。特に必要ないので出たら売ってしまいましょう。


Eye Glass(眼鏡のレンズ)は、モンスターからもドロップするアイテムで、クエストでもほとんど使われないため、さほど重要ではないアイテムです。

Simple EngineやPower Stone、Old Partsは#1と#2のどちらでも出ますが、#1の方が他の候補が少ないため集めやすいです。

Abandoned Ruins #1


銅、錫は、茶色の鉱脈を掘ることで手に入ります。


Fan(扇風機)、Leather Sofa(革のソファ)、Small Clock(小さな時計)は、いずれも家に置ける家具です。出現率は低めです。

Abandoned Ruins #2


鉄、鉛は赤色の鉱脈を掘ることで手に入ります。


マンガンは青色の鉱脈を掘ることで手に入ります。


Washing Machine(洗濯機)は家具、Large Iron Bucket(大きな鉄のバケツ)は素材アイテムです。Large Iron Bucketはメインクエストで12個必要になります。出たら集めておきましょう。(クラフトでも作成可能です)



Spring(バネ)、Steel Cable(鋼鉄のケーブル)、Small Silicon Chip(小さなシリコンチップ)、Carbon Fiber(カーボンファイバー)、Industrial Engine(工業用エンジン)、Gear(歯車)、Copper Wire(銅のワイヤー)、Lubricant(潤滑油)は、いずれも素材アイテムです。Lubricantはwikiには記載されていませんが出現します。多くのアイテムは、メインクエストで必要になります。


記載漏れや情報の間違い、バージョンアップによる変化などが判明しましたら、随時追記していきます。