『ポケモンクエスト』イワークの入手方法、覚える技、ビンゴボーナスなど【ポケクエ攻略】

『ポケモンクエスト』イワークの入手方法、覚える技、ビンゴボーナスなど【ポケクエ攻略】

ニンテンドースイッチで配信中、スマホ向けにも配信予定の『ポケモンクエスト』。

このページでは、序盤からクリアまで頼れるおすすめポケモン筆頭イワークに関する情報をまとめます。

仲間にするための料理、覚える技やオススメの技・能力構成、ビンゴボーナスなどをご紹介。

はじめに:検証について

このページのサムネにもしていますが、今回はしっかり1ページイワークのみで埋め尽くしました。検証個体は25匹ほど。進化がないためそれほど必要なかった気もしますが…

イワークの基本情報

図鑑No ポケモン タイプ 進化レベル
95 イワーク いわ・じめん

※本作には初代のポケモンしか出現しないため、イワークはハガネールには進化しません。

飛距離:遠距離攻撃タイプ
ステータス:タフネス

イワークのビンゴボーナス

ビンゴボーナス 1 2 3
いわのわざのATKアップ 5 15 20
いわわざの待ち時間 -5 -10 -15
移動速度アップ 30 40 50

多分最もビンゴボーナスの種類が少ないポケモンの1匹なのではないかと思います。厳選がしやすくてありがたい。

イワークの入手方法

出現する料理

  • カクコロガンセキ煮(いい、すごくいい)
  • カクコロクレイチャウダー(いい、すごくいい)
  • ホワイトカクコログラタン(いい)
  • カクコロスープ(いい)

(※確認は取れていませんが、ホワイトカクコログラタン・カクコロスープの「すごくいい」でも出現すると思われます)

オススメの料理とレシピ

カクコロガンセキ煮の「いい」がほぼイワーク確定料理です。今回、確か24回だと思いますが、連続で回してイワークしか出現しませんでした。もしかすると極低確率でカブト、オムナイトは出るかもしれません。

オススメのレシピ:ぼんぐり、ぼんぐり、カセキ、カセキ、大きな素材1つ(どれでもOK)

イワークの覚える技

アイコン 技名 タイプ ATK 特殊効果
アイアンテール はがね 67 5 ときどき敵が受けるダメージをアップさせる
いわおとし いわ 234 5
いわくだき かくとう 29 1 木や岩をこわす
かたくなる ノーマル 0 5 しばらくのあいだ自分が受けるダメージをダウンする
がんせきふうじ いわ 212 5 ときどき敵の移動速度をダウンさせる
ステルスロック いわ 120 5
すなあらし いわ 117 5
ほえる ノーマル 0 2 まわりの敵をふきとばす
ラスターカノン はがね 170 7 ときどき敵が受けるダメージをアップさせる
ロックカット いわ 0 2 しばらくのあいだ自分の移動速度がアップする

(※はやうち、リピートストーンはおそらくすべての技に対応しているため未記載です。時は待ち時間、ひ、ふ、け、なは、順にひろがる、ふえる、けっそく、ながもちストーンです。特殊効果は、通常の攻撃技には未記載です)

オススメのわざ

いわおとし
高い威力、多段ヒット、複数体への攻撃、「ふえるストーン」との相性の良さ、遠距離タイプのイワークとの相性。いろいろな技を見てきましたが、間違いなく最高クラスの性能を誇る技です。

今回30匹近く引いて、1度も初期にいわおとしを持ったイワークが出なかったので、もしかすると出現率が低く設定されているかもしれませんが… 特訓を繰り返してでも粘る価値のある技だと思います。

かたくなる
ただでさえ硬いイワークを、さらに鉄壁の要塞化。技枠が2つあるなら、いわおとしの次の候補でしょう。もし結束ストーンが早めに手に入ったなら、結束型も可。

・その他
イワークは遠距離タイプですから、周辺技のアイアンテールなどは相性が悪め。ステルスロックやがんせきふうじは、決して弱い技ではないと思いますが、いわおとしと比べると1ランク下がる印象です。

イワークは何故オススメ?

無進化ゆえの高ステータス

本作では、ポケモンは進化するとステータスが大きく上昇する設定となっていて、進化前と進化後ではHP、ATK合わせて約500~600ほど差があります。

そして、進化のないポケモンは、最終進化系としてステータスが設定されています

つまりイワークは、低レベルのうちから進化後のポケモンと同じレベルの高ステータスを宿しているわけです。

圧倒的入手しやすさ

無進化のポケモンは高ステータスですが、そのかわりに入手が難しく設定されている(すごくいい・スペシャルな料理限定)ポケモンがほとんどです。

そんな中で、イワークは「いい」の料理で、しかもほぼ確定で入手できる、無進化としては唯一のポケモン

その分、ガルーラやラプラスなど強力なポケモンと比べるとややステータスは低いですが、それでも十分な強さです。

特訓の素材集めがしやすい

入手しやすいということは、素材集めもしやすいということ。

イワークは無進化ポケモンのため、覚える技が最初から10種類あり、狙った技を引くのがやや大変ですが… 入手しやすさがその問題を補ってくれます

また、わざひらめき特訓の調査で分かったことですが、無進化ポケモンのイワークは、素材にした時の確率の上昇量が進化後のポケモン同様に高めに設定されています。そのため、何度も繰り返しひらめくことが可能です。

高い耐久による粘り強さ

クリアするまで使えるオススメの戦法として、「かたくなるなどの耐久技を使ってひたすら耐えて勝つ」という戦法があります。

イワークは遠距離タイプのため被弾も少なく、もともとトップクラスに高い耐久を誇り、そしてかたくなるを覚える。まさにこの戦法にうってつけです

いわおとしによる高い火力

上記の「耐久戦法」の弱点は、火力が出ないこと。ですが… イワークの場合、ステータスこそ低いものの、いわおとしの技の威力のおかげでそれなりの火力も出すことが出来ます。

これが他の耐久ポケモンにはない大きな強みだと言えるでしょう。

クリア後にも使える?

何度か書きましたが、イワークは”クリア前の“おすすめポケモン筆頭です。何故、クリア前の、なのか…

クリア後にもなれば素材はそれなりに潤沢に集まってきますし、進化後のポケモンもいくらでも用意できるようになりますから、「入手しやすさ」「無進化のため低レベルから強い」というイワーク独自の強みが薄くなるわけです。

またマップに時間制限がつくため、硬さより火力が欲しくなり、メガトンパンチなどの強力な技に比べるといわおとしは物足りない、というのも理由になりますね。

それでも強いは強いですが… 「おすすめ」と言えるほどではないと思います。

イワークのオススメの能力と技構成

(※どちらも、クリア前の使用を想定しています)

いわおとし特化型

  • 技:いわおとし(リピート、ふえる2)
  • ビンゴ:移動速度アップ以外
  • ソケット:アタック2以上

筆者がクリア前にメインで使っていたいワークです。とにかく、いわおとしが強い。

タフネス型であるイワークのソケットはHPに寄りがちですが、パワフルストーンを付けられるソケットが2個くらいはないと火力が不足すると思います。

また、「攻撃ヒットでHP回復」のPストーンが出たら、多少数値的に低くても絶対に付けておきましょう。それだけで耐久性がグンと上がります。

いわおとし&かたくなる型

  • 技:いわおとし、かたくなる
  • ビンゴ:移動速度アップ以外
  • ソケット:バランスよく

いわおとしにかたくなるを加えて、耐久要員としても使えるようにしたタイプです。

耐久をメインにするなら、ソケットはHP寄りでも大丈夫でしょう。

わざストーンは、結束や長持ちがあればかたくなるに、なければふえる、リピートをいわおとしに付けるのが理想です。