『スプラトゥーン2』Ver.2.3.0配信開始!ビーコンの時代が来る!?ハイドラは大幅強化

『スプラトゥーン2』Ver.2.3.0配信開始!ビーコンの時代が来る!?ハイドラは大幅強化

本日2月28日、『スプラトゥーン2』の最新のアップデート、Ver.2.3.0が配信されました。今回のアプデの注目武器などをまとめてお伝えします。

メインウェポンの強化

クラッシュブラスターのキルタイムが向上


連射間隔を22/60秒から20/60秒に短縮」とのことで、直撃2発なら2フレーム、爆風4発なら6フレームもキルタイムが向上することになります。かなり大きな強化だといえるでしょう。その代わりに塗り性能をやや落とされたようです。

ハイドラントの射撃持続時間が超アップ!


射撃が継続する時間を約25%延長」。アプデが待ち望まれていたハイドラント、使い手の方には「やっと来た」というところでしょうか。フルチャージ時の射撃時間は、Wikiによると、およそ240F、4秒間となるようです。前作のフルチャージ以上のようですね。

そして、今回の修正はただこれだけ、というのがミソ。つまり、インク消費量も塗り性能もそのまま据え置きですから、実質のインク効率・塗り性能25%アップとも言えるわけです。

もちろん、そこまでしても尚、教章の難しい玄人ブキではあるでしょうが… 使いこなせば他の武器にない圧倒的魅力を持つブキへと昇華したのではないでしょうか。あとは、塗りの強いスペシャルを持ったカスタムが来れば完璧ですね。

間違いなく今回の最大強化だといえるでしょう。

その他雑感

モデラー使いの筆者としては、塗り性能が若干戻ってきたのは非常に喜ばしいですね。また、インクのやりくりでいつも苦戦していたスプスピの強化もありがたいです。L3も結構強くなった気がします。カーボンも活気づくのではないでしょうか。

スパイガジェットとH3リールガンは、もう少しテコ入れてもいいのではないかと思うのですが…

それと、メインの今回は弱体化がありませんでしたね。強い強いと言われているホットブラスターも据え置きです。全体的に、どのブキも強力になってきて、弱体化を避けた結果インフレしないかと若干不安にはなるのですが、悲しい思いをする人がいなくて済むのは良いことです。

サブウェポンの強化

ビーコンの時代が来る!

ビーコン大好きな筆者にとって、今回のアプデで一番うれしい要素がコレ、「設置場所の周囲にいる相手プレイヤーが、味方全員のナワバリマップに表示されるようにしました」です。

これによって、今までよりも少し安全にビーコンへジャンプできるようになりました。


また、上記の画像のように、敵の通り道の物陰に設置しておくことで、復活した敵がやってくるのがマップで見られます。(赤枠の中に映っている2人が、ビーコンの影響によるものです)

いつもマップを開いてプレイしているわけではないですから、センサーやトラップに比べると効果は少ないわけですが、それでも相手からしたら「誰かにバレているかもしれない」という疑心が湧くわけで。

ビーコンらしい、目に見える効果の少ない地味な効き目が、ジワジワと効いてくる気がします。気がするだけかもしれませんが。

スペシャルウェポンの強化

ジェットパックとイカスフィアがより機敏に動けるようになったとのことで、変態機動を見せるジェッパ使いは今まで以上に怖い存在になりそうです。スフィアも、キル性能向上に繋がりそうですね。また、ミサイルの発射準備中にイカ状態で移動可能に。ミサイルを使っているのを見て今まで通り倒しに行ったら逃げられて、他の敵の前に釣り出された、なんてことにならないよう注意しましょう。


『スプラトゥーン2』のバランス調整もだいぶ落ち着いてきた、そんな気がする調整でした。強いブキやサブスペはあってもそれほど突出したものはなく、ルールやステージによって使い分けられたりする現状。強くないブキを、強くなりすぎないように慎重に強いブキに近づけていっているという印象です。

このまま調整が落ち着いていくのか、今後強力なサブスペ構成のマイナーチェンジブキが出てきたり、海外で予告されている新ブキがダークホースになったりするのか。まだまだ追加されるブキは多いでしょうから、今後もまだまだ楽しめそうですね。