『マリオ+ラビッツ』ってどんなゲーム?海外の評価や発売前情報をチェック!

『マリオ+ラビッツ』ってどんなゲーム?海外の評価や発売前情報をチェック!

任天堂から明後日、1月18日(木)に発売予定の『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』。ニンテンドースイッチのパッケージ版ソフトとしては2018年最初の作品となります。

マリオのゲームとしては異色のSRPGというジャンルに、日本ではあまり馴染みのないラビッツとのコラボと、気にはなるけど購入するか迷っているという人も多いのではないでしょうか。というわけで、今回は発売を目前に控えた本作の情報を改めて振り返ってみようと思います。

ラビッツってなんだ!?

「ラビッツ(rabbids)」とは、その名の通りウサギをイメージしたキャラクター。ユービーアイソフトのマスコット的キャラクターで、Wii Uの『ラビッツランド』、Wiiの『ラビッツ・パーティ』などの作品が過去に発売されています。また、11月に発売されたスイッチ向けソフト『UNO』にも登場しています。

ユービーアイソフトとは・・・

フランスに本社を置くゲーム開発会社。『アサシン クリード』、『ファークライ』、『レインボーシックスシージ』などの作品で知られる。ニンテンドースイッチの作品としては、11月に発売された『モノポリー』、2月に発売予定の『レイマン レジェンド for Nintendo Switch』などがある。

本作は、そんなラビッツたちがマリオとコラボ。マリオやピーチなどのキャラクターの衣装に身を包んだラビッツたちが、マリオたちとタッグを組んで大活躍する作品です。

どんなゲームなの?シミュレーションって難しくない?

本作のジャンルは「シミュレーション / アドベンチャー」となっています。つまり、従来のマリオシリーズのようなアクションゲームではないわけですね。

バトルシステムはシミュレーションの中ではオーソドックスな、ターン制。プレイヤー側のキャラクターが全員行動したら敵のターンになって、敵が全員行動したらまたプレイヤーのターンに戻る、を繰り返すシステムです。マップは正方形のマスによって将棋盤のように分けられていて、各キャラクターは移動力の範囲でそのマスを移動し、攻撃などを行います。

「シミュレーション」というジャンルは、ファイアーエムブレムシリーズに代表されるような、”硬派”なイメージが強いジャンルです。その理由は、上記のようなシステムのため、「敵が次のターンにどう動くか」を常に予測して戦う”戦略性“が重要になること。そしてもう1つ、アクションゲームなどに比べて、動きが少ないシミュレーションって、どうしても地味なんですよね。

でも、本作はその”地味”さがカケラもありません。下記の紹介映像などを見てもらえばわかると思いますが、明るいワールドにコミカルなキャラクターたち、そしてチームジャンプやスキルなどの”ハデ“なアクション演出で、ゲームは大盛り上がりです。


https://www.youtube.com/watch?v=0Rl1E_qhbgg

そして一方で、壁や障害物の影に隠れたり、土管やジャンプで非平面的に移動したりと、高さの概念のあるシミュレーションの中でも独特の戦略性を味わうことができそうです。

それから、多くのシミュレーションゲームでは、終盤には自軍のユニットを10人以上も操作しなきゃいけなかったりするわけですが、本作のバトルシステムは「3人一組」と明言されています。そう考えると、他のシミュレーションゲームにありがちな「考える事の多さ」という難しさがない分だけ、本作は遊びやすくなるのではないでしょうか。

海外では高評価、レビュースコアはスプラトゥーン以上!

本作ですが、実は海外では2017年の8月29日と、かなり早い段階で発売されています。開発元のユービーアイソフトがヨーロッパ(フランス)の会社であることが一因でしょうか。マリオのゲームとしてはかなり珍しい例ですね。

その海外での本作の評価ですが、かなり高いものとなっています。メタクリティック(metacritic)の評価は本記事の投稿日時点で85点で、これは『スプラトゥーン2』や『ゼノブレイド2』(共に83点)を上回るかなりの高スコアです。

メタクリティックとは・・・

メタクリティック(metacritic)とは、海外の、ゲームを含めた様々なコンテンツの「レビュースコアの平均点」を扱うサイト。ゲームなら、ゲーム関係の様々な雑誌やメディアが行ったレビュー(日本で言うところのファミ通クロスレビューのようなもの)をまとめ、100点満点でスコアを算出する。

また、海外サイトVGChartzの記事によると、初週の売上は約215,000本だろうとのこと。マリオのゲームとしてみると少なく感じるかもしれませんが、シミュレーションの作品としてはかなりの数値でしょう。まだスイッチ本体の普及が滞っている最中の8月末の数値であると考えるとなおさらです。

まとめ

  • ラビッツはユービーアイソフトのウサギキャラ
  • シミュレーションとしてはハデ!
  • 海外での評価はかなり高め

『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』は2018年1月18日発売です!当サイトでは攻略情報なども取り扱う予定ですので、興味がある方はそちらもぜひチェックしてみてください!

公式サイト:https://www.nintendo.co.jp/switch/ac2ga/pc/index.html